レゴ 60150 シティ ピザショップトラック

今回は新発売のシティのセット『レゴ 60150 シティ ピザショップトラック』を紹介します。
DSC00731 (896x672) 
価格は2428円
2017年新作フレンズにもピザ屋がありますし、新作バットマンにもピザ宅配バイクがあります。
(もっともバットマンの方は何故か日本取扱無し
2017年前半のレゴはピザを攻めてます。

箱裏
DSC00732 (896x672)
一度だけ移動ピザ屋を見たことがありますが、窯ごと車に乗せていたのですごい暑そうでした。
シティのピザ屋はすごいクールに作っていますね。暑くないのかな。


開封
DSC00733 (896x672) 
袋二つとインスト二つにシールが1枚

まずは1番の袋で・・・。
DSC00734 (896x672)
車が半分ほどできます。
手前のパーツは1番袋の予備パーツ

2番の袋で・・・。
DSC00736 (896x672)
完成です。
20分くらいで組み立てられました。
手前のパーツは2番袋の予備パーツ。

PIZZAカー
DSC00737 (896x672)
黄色の車体に濃赤のラインがはいっています。
商用車らしいがっちりフォルムでかっこよさを出しつつも、
丸目ライトで愛嬌もだしています。

後ろ
DSC00739 (896x672)
後ろはのっぺり。
本来はのっぺり部分にピザ屋を示すシールを貼ります。
中にミニフィグが立てるようにするため車の背が高いです。

DSC00742 (896x672)
この移動販売車は両サイド開けることができます。販売しやすいですね。
開閉の動きはクリップパーツの接続でしていますのでスムーズに開け閉めできます。

真横
DSC00740 (896x672)DSC00738 (896x672)
のっぺりしていますが、後ろ部分同様のっぺり部分にピザ屋ステッカーを貼るようになっています。
シールを貼れば、にぎやかになるんでしょうけど・・・できればプリントパーツにしてほしいなあ。

運転席にちゃんとドアを使っているのが地味にいいです。
ドアがあった方が嬉しいのですが、シティーシリーズの車でドアを使わないセットは結構あります。
ドアが『ある』『ない』はセットを買ううえで、評価するポイントの一つになってます。

内部紹介
DSC00744 (896x672)
窯はちょうど運転席真後ろに配置されています。
窯の右側にあるボタン類のタイルはプリントパーツです。結構重宝しそうなデザインですね。

窯の反対側は調理台です。
すでにピザとフライドポテト(ミニフィグに対して結構デカい)、ジュースが出来上がっています。

フライヤー無しでポテトを一体どうやって用意したのかな。
実は積まれているのは窯ではなく電子レンジで、冷凍食品(ピザとかフライドポテトとかありますよね)を
チンして提供しているとかだったりして・・・。
そう考えると、戸が透明なので余計に電子レンジに見えてきました。

反対側
DSC00745 (896x672)
フライドポテトに隠れていますが、奥にレジがあります。
手前は調味料が出てくる蛇口?だと思います。

開店
DSC00743 (896x672)
結構車高が低めにできているので、手渡しできますね。
いつぞやの移動販売車は車高が高くて商品を手渡しできそうにないレベルでしたからね・・・。

ピザ宅配バイクとイートスペース
DSC00746 (896x672)
移動販売車で販売だけかと思いきやピザ宅配までするという商魂のたくましさ。
ピザの箱はタイルにシールを貼るようになっています。
ピザの箱もプリントパーツにしてほしかったな・・・。

新パーツ
DSC00748 (896x672)
ピザ4分の1カットパーツがあります。
このセットでは予備も含めて計2つ入手できます。

ミニフィグ
DSC00752 (896x672)

2017年最初のレビュー『レゴ 60150 シティ ピザショップトラック』は非常におススメです。
ごっこ遊びに最適、あなたの街においてもOK、改造してオリジナル移動ピザ屋を作ってもいいかもしれないですね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レモン

Author:レモン
レゴに関する記事を書きます
リンクフリーですが一報くれると喜びます

無断での画像転載はご遠慮下さい

ツイッター
アンケート
ご協力おねがいします
無料アクセス解析
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード